大阪で相続放棄を考えているなら司法書士を活用するのがおすすめ

相続税申告書

借金を相続しない相続放棄を大阪で検討するなら

パソコン

相続と聞くと、故人が持っていた現金や預金、住んでいた家などの不動産がイメージされますが、相続の対象はそういったプラスの財産だけでなく、借入金や保証債務などのマイナスの財産も含まれます。つまり、故人である被相続人が借金をしていた場合、相続人はその返済をしなければなりませんし、被相続人が第三者の借金の連帯保証人になっていた場合であれば、相続人が変わって返済義務を負うことになるのです。被相続人の借金があまりにも多額だった場合や、相続人間の争いに巻き込まれたくない、トラブルを避けたいといった場合に、相続権を放棄するという方法があります。相続放棄をした場合、最初から相続人ではなかったことになり、他の相続人で遺産を分け合うことになります。相続放棄をするには、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをすることになりますが、その期間や必要な書類など、素人には難しい面もあるでしょう。手続きの点でもそうですが、財産や債務の状況を正確に把握する必要があるため、大阪で相続やその放棄を検討するのであれば、相続放棄は大阪の司法書士事務所に相談することがお勧めです。煩わしい手続きや不安な点は、大阪の司法書士と話し合いながら進めるとよいでしょう。

PICK UP