大阪で相続放棄を考えているなら司法書士を活用するのがおすすめ

相続税申告書

大阪には期限内に相続放棄をしたい方に強い味方が居ます

電卓

大阪に住むあなたは親族に不幸があったとき、急に相続について考えてくださいと言われて、すぐに考え行動することはできますか。実際、急に親族が亡くなってしまい、相続放棄について何も知らずマイナスの財産を負ってしまうことが多くあります。通常、相続については自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内に単純承認、限定承認、相続放棄のどれをするか届け出る必要があります。この3ヵ月が過ぎてしまうと自動的に単純承認となり、相続放棄も限定承認も行うことができなくなるのです。普段相続について考えることのない方であれば身内の不幸から3か月以内にと言われても何をどうしたら良いか迷ってしまうはずです。もしプラスになる財産よりもマイナスになる財産が多かった場合、単純承認になってしまうと相続人が負担をすることになります。そのような時は是非期間内に相続放棄の届け出をするべきです。そこで大阪に住む方に知っておいて欲しいのが、相続放棄を大阪の司法書士事務所に相談するということです。専門知識もなく闇雲に動き回るよりも司法書士事務所にすべてお任せすることで滞りなく届出をすることができ、払う必要のないマイナスの財産に怯えることなく安心して生活することができるのではないでしょうか。

大阪で相続放棄をする時に注意するポイント

故人の財産は残された親族に相続する権利がありますが、あくまでその権利があるというだけで不要であれば権利を放棄することができます。この相続放棄は大阪の司法書士事務所に相談をして手続きを行うのが基本です。大阪でも相続税などの問題で権利の放棄を希望する人は増えていますが、いくつか注意すべき点もあります。
その一つが申告までの期限です。この手続きは相続の権利が発生したタイミングから3ヶ月以内と法律で定められています。これは相続する財産の中に借金が含まれていた場合、判断を先延ばしにすると債権者に不利益が生じる可能性があるというのが主な理由です。手続きは申請から完了まである程度の時間を要するので、放棄を考えている人は速やかに大阪の司法書士事務所に相談をしなくてはいけません。相続放棄を希望する人の中には、生活の補填や税金の支払いなどを理由に手続きをしている段階で財産を私的に使ってしまう人もいます。たとえどういった事情であっても、使ってしまった段階で相続を認めたと見なされてしまうので、手をつけてはいけません。大阪には相続放棄を専門としている司法書士事務所はたくさんありますが、料金やアフターケアなど細かい点に違いがあります。口コミなどから判断して信頼できる事務所に依頼をすることが大切です。

大阪の司法書士事務所で相続放棄を依頼できます

親が亡くなると、配偶者と子供が親の遺産を相続します。相続するのは、不動産や預貯金といったプラスの財産だけでは有りません。借金のある親が亡くなってしまった場合、子供は親の借金を相続してしまいます。親が事業をしていてそのための借金があったり、消費者金融から借金をしているといったケースは多々あります。プラスの財産とマイナスの財産(借金)を比べたときに、マイナスの財産のほうが多いのであれば、相続放棄を検討するべきでしょう。近畿地方にお住まいであれば、相続放棄を大阪の司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。司法書士は、弁護士と同じく裁判所に提出する書類を作成することが認められています。そして、司法書士は、弁護士よりも比較的リーズナブルに相続放棄の相談に乗ってくれることが多いです。大阪は交通アクセスがよいので、大阪府外の人でも立ち寄りやすいのではないでしょうか。相続放棄ができる期限は限られています。期限は基本的に、死亡してから3か月という短期間となります。ですので、借金のことがわかったら、一刻も早く相談に行くことが大切です。
万一3か月を過ぎてしまった場合でも、事情によっては相続放棄できることがありますので、やはり専門家である司法書士に相談することが大切です。

PICK UP